スマホ留学の費用が気になる方におすすめしたい無料登録

英語

スマホ留学の費用が無料で利用できる?

自宅にいながら語学留学のような体験ができる英語教材のスマホ留学が話題になっています。英語は話せるようになりたいけれど費用が気になるという方におすすめしたいのが、スマホ留学の無料登録です。

スマホを使って音声を録音する学習法が画期的

英語を話せるようになるといえば、英会話スクールに通ったり、教材を取り寄せて机に向かって勉強するなどの学習法が一般的でした。ところが時代が変わったことで、英語の学習法も様変わりを始めたのです。スマホ留学とはその名の通り、スマホを使って留学している感覚で英語を身に着けることができる教材を指しています。

驚くことに、365日24時間使っても無料で、スマホ留学専属の講師に疑問点や不安なことをどんどん質問できる体制が整っているということでネットのSNSなどでも話題を呼ぶようになりました。ネットでは悪質な業者なども色々あるので、無料と言っても安心できないと答える方もたくさんいます。無料だからこそ怪しいという方もいるぐらいです。しかし、スマホ留学は無料登録で利用できるコンテンツが用意されている優良業者ですのでご安心ください。

スマホ留学の無料登録で英語が話せるようになるのか

スマホ留学は無料登録したからといって英語を話せるようになるわけではありません。当たり前のことですが、毎日コツコツ英語を学習することで英語が身につきます。平日は忙しいから土日だけという学習法ではなく、平日も土日も毎日コツコツ続けることがとても大切であるというのがスマホ留学の考え方です。

本気で英語を身に着けたいと考えているなら、このコツコツ型のスマホ留学なら楽しく英語を学べることでしょう。

例えば、決まった時間に必ず机に向かわなければならないとか、一日に何時間も学習するというスタイルでは継続できないと諦めモードなら、ぜひ一日30分の学習を毎日継続するスマホ留学を試してみてください。コツコツ型の英語学習がこんなに楽なのかとビックリするでしょう。スマホ一台あれば時間も場所も問いません。24時間自分の都合に合わせて学習できますし、講師の先生と面と向かってやり取りするわけでもないので緊張することもないのです。自分のライフスタイルにピタッと合うのがスマホ留学の特徴なのです。

スマホ留学の料金(費用・値段)を気にせず無料で体験してみよう

いくら30分という短時間でも、ずっと集中するのは難しいかもしれません。実際にスマホ留学を体験した人の中で、効率よく飽きずにコツコツ続けられたのは、途中で少しの休憩を挟んだことと答える人もいます。10分経ったら一度、20分経ったらもう一度というように一息入れるごとにリフレッシュできるので、継続学習を可能にする環境を整えていくことも飽きずに学ぶために必要なことです。

また、スマホ留学で飽きずに英語学習が出来たと答える人の多くは、まるでゲーム感覚で学べたので楽しかったと答える人もいます。確かにスマホ留学は教科書もノートも鉛筆も使いません。スマホが一台あるだけでいいので、アプリゲームをしているような感覚で学べるのです。

スマホ留学を開発したのは、英語業界ではカリスマ的存在と言われている塩原祥之さんです。国際てセールスマンとしての実績もあり、英語に精通している方です。有名企業に出向いて講義を行うほどですから、その実力は確かなものと言えます。

無料登録をしても、もしかしたら途中で有料コースに切り替わるのではと気になる方もいるようですが、スマホ留学はそのような悪質な業者ではありません。もしも悪質業者なら、すでにSNSなどでも悪評ばかりがあるはずです。

ところが蓋を開けてみれば、無料登録のまま利用できるコンテンツがあることがすでに話題になっていて、英語に対して苦手意識を持っていた人たちがこぞって登録をしています。途中で自動的に課金されるようなことは一切ありません。また、無料登録の際にクレジットカードの番号を入力するなど悪質まがいのことも一切ありません。

ちなみにスマホ留学の有料コースは、30日プランと90日プランが用意されています。30日ブランは97,000円、90日プランは197,000円となっています。入会金や教材費などは一切かかりません。毎日配信される動画をスマホで視聴しながら学習していきます。

無料登録は、有料コースに誘導するものではなく、スマホ留学のプロローグを学ぶと解釈すると分かりやすいかもしれません。スマホ留学独自のアプリを使うだけという画期的な新しい英語学習で、英語に対する苦手意識を克服して英語を身に着けてみませんか? まずは無料登録を済ませて、スマホ留学がどんな英語教材なのか自分の目で確かめてみましょう。英語がこんなにシンプルに身につけることができるなんて、と驚くはずです。これまでの英語に対する意識がガラリと変わるでしょう。

コメント